個人・企業、健康経営を考える

一生のうち、2人に1人はがんになると言われています。あなた自身でなくとも、あなたの周囲にいる大切な人が、 がんに関わることがあるかも知れません。そうならないために、がんの早期発見・早期予防が大切となります。

私や妻はここ数年がん検診は受けれてないし、従業員の健康診断の結果も気にしてなかった・・しかし、がんへの不安がある。

  • 検診は行こうと思うけど・・・毎年は忙しくて行けていない。
  • 健康診断が形だけになっていて、従業員の再検査も本人任せになっている。
  • 今年から50人以上の企業必須になったストレスチェック、実施者は?どうすれば・・・
  • 健康診断で異常にどうすれば良いかわからない。フォローできる人がいればなあ。
  • メディカルクラブは興味あるけど、もっと安く簡単なのはないの?

これらのチェックでひとつでも当てはまるならこのまま読み進めて、次の項目を見てください。

  • がん検診にはなかなか行かないけど、簡単にすぐできるような方法は?
  • 日常での健康管理を気軽に聞いてくれる人いないかな?
  • PET検診受けてるけど、毎年やる必要あるの?
  • 名医や先端医療を紹介してくれる仕組みがあれば、いざという時い心強いのに。

役員、従業員の健康管理は経営のための大事な投資です

  • 優秀な人財を確保、育成のためにも健康管理は重要
  • リクルート上で競合他社に差別化したいと思っている
  • 倒れられたら困る大切な役員、従業員がいる
  • 健康経営という言葉を聞いたことがある
  • 従業員に対して、良いがんリスクを福利厚生で受けさせたい

日本人の死因 第一位はがん。その死亡率は年々増加傾向にあります。また日本人の2人に1人ががんと診断される時代、もはや誰もがかかる可能性のある一般的な病気となりつつあります。
がんは自覚症状が出てからでは、手遅れの状態で発見されることが多く、早期発見、早期治療が何よりも重要となります。
また治療を早く始めるほど5年生存率も高いことがわかっています。早期発見・・・それには自分にあったがん検診を、選択・受診することが非常に重要です。

早期発見のためのリスク評価を

日本人の2人に1人は、「がん」になると言われています。がんは全身の様々な部位に発症しますので特定の部位を検査しただけでは他の部位にがんがあった場合は見逃してしまうなど不十分な可能性があります。
そのために定期的に全身を調べる検査を受けることが求められますが、全身の検査には数十万円という費用がかかる場合もあり、 更に家族全員や従業員が毎年検査を受けるとなると費用面のハードルは更に高いものとなる可能性があります。

このような状況を解決するために、まず、自分の体にがんリスクがあるかどうかを調べることができる「リスク評価」を提供します。

がん予防メディカルクラブ「まも~る」とは

がん予防メディカルクラブ「まも~る」は、リスク評価の結果によってがんリスクが高いと評価された場合は更に精度の高い検査を受けるというサイクルをもたらすことで、 無理なくがんの早期発見ができるあたらしい環境の構築を行っています。

ご自宅で問診票に記入して、がん細胞代謝物測定ALAアミノレブリン酸を摂取して、カンタンな尿検査をするだけ。全身のがんリスクを測定することで、精密検査の必要性などを探ることができます。このリスク評価は、日本郵便のレターパックを用いて検体が回収されるので、簡単に、いつでも行なう事ができます。
また、PET検診のような高額な費用もかからずに、最新がんリスク評価を受けることが可能です。

がん予防メディカルクラブ「まも~る」では、リスク評価だけではなく、健康サポートダイヤル、セカンドオピニオン、がんドック受診サービスなどサポートも充実!健康経営の一つとして、気軽に取り入れることができるメディカルクラブです。

がん予防対策はこちらから